れのんのん

セカンド童貞が送る等身大の雑記ブログ。

安くて恐ろしいほどよく当たる!?占いの館千里眼で占ってもらいました

f:id:le9240:20180802193905p:plain

どうも、れのん(@le_nonnon)です。

 

皆さんは、占いを信じますか?

占いの話になると、必ずと言って良いほど「信じる・信じない」の議論になるよね。

僕は良い事だけ信じるという都合の良さなんですが、本格的な占いもしたことないのに「占いを信じるか信じないか」なんて議論しても意味ないよなとふと感じました。

 

ということで前々から興味はあったんですが、良い機会だし行ってきました!

行ったのは、ブロガー仲間の方が行っていた「占いの館 千里眼」という占い屋さん。

micchaaaaa.hatenablog.com

 

ホームページの胡散臭さが、半端ない。

 

なんで普通のデザインにしないんだろうね。

ただ、なにやら「恐ろしいほどよく当たる」そうです。

楽しみですね。

 

 

占いの館 千里眼とは

全国各地に展開している占いの館。

東京最大級らしいです。

350名を超える鑑定士が在籍しているようで、占ってもらう人を自分で選べます。

HPを見て自分に合いそうな人を探すも良し、占術から選ぶも良しです。

 

占いは

  • 対面占い
  • メール占い
  • 電話占い

の3種類。

僕は対面占いを選びました。

 

予約優先制ですが、予約なしでも占いは可能。

ただ、占い師さんのスケジュールもあるので予約していくのがベターです。

 

料金は、最低20分2000円〜です。

10分ごとに、プラス1000円という感じの料金ですね。

僕は30分だったので3000円でした。

 

対面占いの流れとしては

  • HPから予約する(予約する場合)
  • 予約確定メールが届く
  • お店に行く
  • 占ってもらう

という至極シンプルな流れでしたので特に迷わず利用できました。

 

いざ占いの館へ

僕は利用したのは新宿東口店。

新宿東口から、直進徒歩5分くらいです。

アクセスについては、ホームページに詳しく書かれているのでそちらを見ていただくとわかりやすいかと。

 

ビルに入りエレベーターで3Fまで上がる僕。

初めての占いに少し緊張しつつ、エレベーターが開くとそこは…

 

トンネルのむこうは、不思議な店でした。

 

f:id:le9240:20180802175639p:plain

▲待合室みたいなやつ

 

薄暗い空間に並べられた黒いタブレット、黒い椅子、黒いカーテン、黒いほくろ。(当たり前だろ)

待合室には全く人はいない。黒魔術に侵されたのだろうか・・・。

そして少し奥にはカーテンで仕切られた小部屋がたくさんあり、なにやら聞こえてくる闇の会話

アバタケタブラァ!!」「やったなマルフォイ、ナメクジくらえ!!

 

というのは冗談です。

雰囲気は若干怪しげでしたが、思った以上にきちんとしていました。

 

予約している場合、時間になったら自分の指名した占い師さんのいるカーテンに入るだけなので楽でした。

予約していない方は、タブレットで指定の占い師さんを予約します。

現代的ですね。

 

そして占いが始まる。。。

 

占い開始

僕が占ってもらったのは、安室はるな先生。通称安室ちゃんです。※嘘です。

選んだのは、ほぼ直感。

しいて言うなら一番綺麗だったからでしょうか。(これが全てだろ)

 

占い師というからちょっと近寄りがたい感じかと思ったけど、普通に関西のお姉さんって感じでした。

名前を言うと、「綺麗な名前やねぇ〜」って4回くらい言ってました。

僕と出身が同じだったので、それが分かった途端「じゃ、関西弁でいこ♪」と関西弁にシフトチェンジしてましたw

 

僕が占ってもらったのは、恋愛。

セカンド童貞として、当然でしょう。

そして気になる占いの結果をご紹介します。

 

お前はモテる

霊感か透視なのか分かりませんが僕の右上当たりを見て、意見を述べ始めました。

開口一番、「え?何も困ってへんやろ?」って言われました。

なにやらモテ線みたいなのが結構見えるらしく、出会いにも当分困らないそう。

告白すらされた事がない僕としては、衝撃でした。

 

「でも告白とか全くされた事ないっすよ?」

と言うと

「モテるって言っても直接言ってくるだけがモテるじゃないから、道ですれ違ったりお店で見かけたりした時にイイな〜って思ってる人は結構おるよ」

と言われました。

 

そうか、気付いてないだけでモテていたのかワシは…。

「モテるやろ?」「実感あるやろ?」と言われましたが全く実感がない僕。

 

完全に納得は出来ませんでしたが、僕はモテモテだと思う事にしました。

 

鬱子ちゃん寄ってきがち

「自然に笑顔で気を遣える人、つまりナチュラル演者で誰にでも優しいから結構鬱子ちゃん寄ってくるかも。」

「ある程度誰でもウェルカムな感じは出した方が良いけど、完全に無理な子はきちっと切った方が良いよ。」とのこと。

※鬱子ちゃん=鬱の女の子

 

初対面だと確かにナチュラル演者かもしれませんが、慣れると本音ダダ漏れマンです。

まぁだいたい当たってるのかな?

 

  • ナチュラル演者やから疲れる時もあるし、一人の時間は作れる相手じゃないとダメ
  • 同じようなナチュラル演者の子とは合うかも
  • ずっと連絡取ってくるような、自分に依存するような子はダメ

 

と言ってました。

これは当たってましたね。

 

レアポケモンを探せ

「学生の時はキャタピーみたいな草ポケモンで溢れてたけど、社会人になってからは自分で好きな相手を選べるようになった。」

「だから君は、ミュウとかリザードンみたいなレアポケモンを探せ。君もレアポケモンやから。」

「ちょっとハードル高そうなやな〜くらいの子狙うくらいの方がええで」

みたいな事を言ってました。

 

"レアポケモン"という言葉ばかり頭に残ってて内容はあまりピンと来ませんでしたが、要するに「お前はもっと自分に自信を持って、ええ女捕まえろ」という事だと解釈しました。

"自分が好きになれる相手じゃないと熱が入らない"そうです。

それは確かにそうだなぁ。

 

リザードンがレアポケモンかはさて置き、だいたいの子は付き合うのチョロいそうです。

 

めっちゃもてはやして来ますね。

僕が福士蒼汰だったら「あ〜分かる。」ってなってたかもしれませんが、にわかには信じられない。

モテ男みたいです僕は。

 

その他に言われた事 

  • 自分の内面を見せられるかがキーポイント、素を出せる人じゃないとキツイ
  • 弟おるとかペット買ってるとかちょっと甘えさせてくれそうな子が良い、職業でいうと看護師とか保母さんみたいな
  • 年下が良いかも
  • 「3秒で有り無し決まるね。」
  • 9、10月は良い出会いあるかも。探さなくても飲み会とか同じ趣味とかで繋がるかも
  • 「可愛い人じゃないとダメやね。」
  • 品がある人が良い、お金はケチでも服に毛玉付けてない人とか
  • 「結婚も意識できる人が良いんやね。」

 

他にも色々言われた気がしますが、だいたい当たっていた気がします。

 

まとめ

だいたい当たるからオススメ

 

僕は疑り深いので「多くの人に当てはまる事を言って、反応を見て言うこと変えてるんじゃ?」と思ってましたが、言うことは基本的に当たってたように思います。

なにより、凄く励まされた感じがします。

むしろ、恋愛占いってそういう事なんだろうか。

 

「私は君やったら、遊び倒すけどな〜」とチャラ男推奨発言もしていたので、僕はもっと遊び倒して自信を付けた方が良いのかも知れない。

 

占い時間は30分でしたが、後に控えている人が居なかったからか45分くらい占ってくれました。

ありがたいですね。

 

占いは初めてでしたが、普通に楽しかったし良かったです。

あの感じだったら、友達感覚で喋りに来る方もいるような気がしますね。

 

ただ、占い師選びはちゃんとした方が良いなと感じました。

人によって得意分野などもあるそうなので笑

僕みたいに直感で選ぶのは、あまりオススメしません。

 

気になる方は、ぜひ行ってみて下さい!

以上、れのん(@le_nonnon)でした。