れのんのん

セカンド童貞が送る等身大の雑記ブログ。

リアルとネットの友達にもはや違いはなくなってきていると感じた理由

f:id:le9240:20180910230353p:plain

どうも、れのん(@le_nonnon)です。

 

突然ですが皆さんは、リア友っていますか?

知らない方の為に言っておくと、触れられる3次元の友達です。

友達の定義はまぁ難しいですが、「自分が友達だと思っていたら友達」という事にします笑

 

昨今では、スマホの普及もあり誰もが全世界に繋がれるようになったので、ネットの友達の方が多いという方もいるんじゃないかと思います。

TwitterやInstagramなどのSNSで簡単に人と繋がれるので、リアルで友達になるよりハードルも低いですし。

 

僕も高校生くらいからニコ生やTwitterをしていたので、ネットの知り合いはそこそこいます。

関西から関東に越してきて周りにリア友は全くいませんでしたが、東京近辺のネットの知り合いと結構な人数会っています。

そして気付いた。

 

ネットで遊ぶ人いるけど、リアルで遊ぶ友達がいない。

 

まぁ気付いた時は悲しかったですよ。

僕から誘えば遊んでくれる人はいるでしょうけど、3ヶ月以上誰からも誘われていません\(^o^)/

ですがそこまで悪い事だとは思ってなくて、リアルとネットの友達に差がなくなってきただけなのかなと感じています。

 

 

リアルとネットの友達の違いって?

一般的には多分、"会ったことがあるか"というのがポイントでしょう。

会ったことある人はリア友、ネット上だけの絡みの人はネット友達。

 

ただリアルの友人でも、ほぼネット上でしか絡みがないって人が多いんですよね。

学生時代は仲良かったけど、気付けば絡みがないもしくはTwitterでしか絡みがないとかって人。

そういう人って会ったことはあるけど、あんまりお互い価値観が合ってなかったり性格が合ってなかったり何かしらあると思うんですよね。

だから気付けばほとんど交流がないっていう。

 

そうなると「ネットの友達と変わらないんじゃ?」って感じます。

むしろネットで知り合った人の方が価値観や趣味が合っていたりすることが多いので、濃い関係だと言える気がします。

 

どこからが友達か

どこからが浮気かみたいな話になってきましたが、人によって意見が分かれる点ですよね。

ネットで知り合った人は、友達じゃなくて知り合いなんじゃ?と思われる方もいるかもしれません。

 

僕はリアルで会ったことがなくても、Twitterなどで絡んだ事があって好意があれば友達だと思ってます。

だから、ミンナトモダチ。ダガトキハタチ

趣味や考え方とかも一緒で、「お互い会えるなら会いたい」みたいに思ってる関係ってもはや友達じゃない? 

 

会ったことがないと友達ではない」と考える人にとっては、リアルとネットの友達は違うのかもしれません。

しかし、僕にとっては友達なのでもうそこまで違いはなくなってきてるのかなぁと。

 

ネット友達の方が共通点は多い?

学生の頃だと、やっぱり友達いないと学生生活も正直キツイじゃないですか。

2人組になって~」とか言われるし、集団で生活する訳だから一人だと周りの目もキツイわけです。…。

だから、ほとんどの人が必然的に友達を作りますよね。

まぁ極論あんまり好きじゃなくても、作る訳です。 

 

その点オンライン上で絡む人って自分で選べるので、興味がある人や趣味が合う人っていう場合がほとんどですよね。

だから関係も続きやすいし、オフ会とかで会ったらより一層好きになって関係が濃くなるって事も多いと思います。

 

学生時代の友達などの関係が薄くなっていくのって、趣味が違ったり価値観が違ったりするからが多いと思うんですよね。

それが起きづらいので、共通点が多いネットの友達は強いなぁと感じます。

 

終わりに

 

SNS等でいつでも繋がっているので関係が薄くなりがちの現代ですが、困った時に助けてくれる人ってそうそういません

自分のことを助けてくれる人を大事にして生きようと、この記事を書いてて思いましたw

それはリアルでもネットでもです。 

 

スマホを皆が持ち出したようにVRとかを皆が持つようになると、更にリアルとネットの境界が分からなくなりそうですね。

VR上で毎日会うみたいな。

ますますネットに依存する、そんな時代が来そうですね。

オフラインも、大切にしよう。

 

以上、れのん(@le_nonnon)でした。