れのんのん

セカンド童貞が送る等身大の雑記ブログ。

ふともも写真の世界展にぼっちで行ってきた

今週のお題「ゴールデンウィーク2018」

どうも、ニーハイ大好きれのんです。

GW中に東京内で行われているイベントを調べていたある日、「太もも写真の展覧会

という僕の為に作ってくれたようなイベントを見つけたので行って参りました。

www.futomomo.co

 

ぼっちでレッツゴー

分からない方の為に、太もも写真の展覧会とは!?

“ふともも”をモチーフにアート作品を撮り続ける写真家、ゆりあ氏による写真展&物販展が開催されます。新作を含め作品総数は500点を超え、実に1,000脚以上のふとももで埋め尽くされます。また今回は、ふともも写真に囲まれた定員1名の集中鑑賞スペースが誕生。現代の喧騒を離れられる、至高のアート空間となっているのだとか・・・!?また原宿会場限定500部の公式図録や、新作グッズも続々登場、著者ゆりあ氏によるギャラリートークも開催されます。“フェティシズムアート”のニューウエーブ「ふともも写真の世界展」。その世界観を存分に楽しんでみてはいかがでしょうか。

ということです。(丸投げ)

展覧会は原宿駅から10分程歩いたChromatic Galleryというビルの1階にありました。

僕が着いた時には既に15人くらいの行列。

勿論1人で並んでいるのは僕だけでした。

カップルと男の集団の間に並び少し気まずい僕。

心の中で

「こいつ一人でこれに来るとかマジ者だ…。」

とか思われていたに違いない。

でもそんな事は気にしない、僕は太ももが好きなのだから。

案外回転率は良かったようで、5~10分くらいで入場することが出来ました。

 

ふとももの彼方へさぁ行くぞ!

入場料の700円を払い、魅惑の館へと潜入。

中へ入るとそこには、1000脚以上もの太ももが僕を待ち構えていた!

f:id:le9240:20180505203539j:plain

 「ふおおおおおおおおおおおおおお!!!!!(心の声)」

 

数々の太ももを前に、内心テンションがぶち上げのん。

中にいるのは大概男の集団だったが、中には女の子1人で来ている強者もいた。

友達になりたい。

 

入ってすぐのスペースにはグッズコーナーがあり、様々なグッズが展示されています。f:id:le9240:20180506145555j:plain

(これは帰りの楽しみに取っておこう・・・。)

 

たくさん太もも写真が並ぶ中、奥へと進むとふともも写真に囲まれた定員1名の集中鑑

賞スペースが用意されていた。

迷い無くそこへ入り込むと、現れたのは、脚、脚、脚!!

都会の喧騒から離れた太もものオアシスがそこには広がっていた。

並びすぎてて上手く撮れなかったが、こんな感じの光景が360度広がっている。

f:id:le9240:20180506151510j:plain

(心が洗われる瞬間ってこういう時なんだな。)

ニヤニヤしながら5枚程写真を撮りました。

カーテン越しとはいえ周りの目線が少し気になり、チキって早めにオアシスを後にしま

した(笑)

 

それではここで幾つか作品を紹介したいと思う。

たくさんあって紹介しきれないので、幾つか厳選したものをご紹介。

 

短パン×ふともも

f:id:le9240:20180506145842j:plain

「左足の膨らみの感じたまらん!!」

 

制服女子2人×太もも

f:id:le9240:20180506150051j:plain

「もっと、もっと頼む!!(趣旨変わっとる)

 

台所×太もも

f:id:le9240:20180506145932j:plain

「太ももが乗ってる感じたまらん!!」

 

猫×太もも

f:id:le9240:20180506145956j:plain

「レロレロレロレロレロレロレロレロ!!(猫、お前そこ代われ!!)

 

夕日×太もも

f:id:le9240:20180506150634j:plain

「神々しい・・・」

 

 

他にも「スク水×太もも」とか「南国×太もも」とか色んなシチュエーション、着衣の太

ももがありました。

そして今回のイベントでは、至高の太もも写真を決める太もも総選挙も開催されている

模様。

TwitterもしくはInstagramにハッシュタグ付きで呟くことで投票出来るようだったの

で、してみました。

脚の筋肉の感じがたまらんのデス。

決してスク水が好きな訳じゃないぞ!!(好きだけど)

 

帰り際、グッズコーナーでこの気持を忘れてはいけない気分になり色々と眺める。

ポストカード、しおり、公式ガイドブック、写真集、ももセレブ等、色々ありすぎて本

当は全部欲しかったんですが、公式ガイドブックのみ購入しました。

ちなみに今回全ての写真を取った写真家のゆりあさん

全然知らなかったんですが受付のすぐ近くにいらっしゃったのがゆりあさんだったよう

で、ガイドブックを買った際にちゃっかりサインを頂きました(女だと思ってたら男だっ

た)

f:id:le9240:20180506154732j:plain

これからも是非太もも写真を撮り続けて下さい。

 

総評

ふともも最高!一人でも全然楽しめるよ!!

僕みたいな変態紳士にはもってこいだと思う。

ちなみにふともも写真展覧会には合計40分くらい居ました。

同時期に来てたカップルや男の集団は見渡すといなかったので、かなり長い時間居た方

だと思われる。

というかカップル相当早い段階から居なくなっていた気がするぞ、何故来たんだ。

にしてもGW中にこんなに満足するイベントに出会えるとは、めっちゃ運が良かった!

女性諸君も、太ももにはこんなにも魅力があるって事を知る為に行っても良いと思う。

気になる方は、またこのイベントは開催されると思うので是非行ってみて下さい。

太もも好きの方は、ゆりあさんの写真も要チェック!