れのんのん

セカンド童貞が送る等身大の雑記ブログ。

【そのタイトルで良いの?】信用を失くす前に確認してほしいたった1つのこと

f:id:le9240:20180711232044p:plain

どうも、れのん(@le_nonnon)です。

 

皆さんは、ブログ記事タイトルをどうやって決めていますか?

とりあえず記事を書いた後に、適当に決めていませんか?

 

TwitterやFacebookなんかを見てると、

  • 「おっ、めっちゃおもしろそう!」
  • 「これめっちゃ分かる!」
  • 「このタイトルなにww」

とか惹かれるタイトルを付けている記事をたくさん見掛けます。

 

タイトルで記事をクリックしてくれて、その後中身を見ておもしろいと思ってもらえれば言うことなし!

一発でファンになってくれて、Twitterをフォローしてくたりブログの読者になってくれたりしますよね。

 

でも逆に「タイトルで気になったけど、中身を見たら自分の思ってた記事と違ってた

ってことありませんか?

僕も今日そんな記事に出会いクリックしてみたら、中身が想定と違っていてすごく損した気分になりました。

 

そんな記事を書いてる人に言いたい。

 

「タイトルと中身が合ってるか確認して!」

 

「タイトルで損してるなぁ」とか普段適当にタイトルを付けている人は、是非読んでほしい。

 

 

タイトルと中身が違うと起こること

 

上記は、今日見つけた記事です。

"「歯を食いしばれ」出世する奴はこうやって媚を売っている"というタイトルを付けてます。

 

僕は「出世にはそんな興味ないけど、どんな媚の売り方してるんだろう?」と気になって、この記事をクリックしました。

「"歯をくいしばれ"って書いてるけど、皆そんな辛いことしてるの?」と。

 

でも、一通り記事を読んで感じました。

 

「媚の売り方どこに書いてんの??」と。

 

タイトルを見て知りたかった事が、どこに書かれていない。

想像以上に、普通のことしか書いていない。

まだ、「クリリンのおでこに点々が付いてる理由」でも書いてた方がマシなレベル。

 

この記事を見て感じたことは

「時間を無駄にした」

「見て損をした」

そう、こういったタイトルと中身が違う記事を見た場合、人は「損をした」と感じます。

 

そしてタイトルと中身が違うということは、信用も失っています。

  • 「タイトルで気になったけど知りたかった情報じゃない!」
  • 「煽ってるだけで全然中身は面白くない」

って記事を見たらどうなるか。

 

この人の書く記事は信用ならない」ってなります。

次からはどれだけ有益な記事を書いても、見てくれないかもしれない。

 

それに記事を見たのに内容が思ったものと違うってことは、言うなれば人の時間を奪っているとも言えます。

怒りっぽい人の場合は、記事を書いたライターを調べてTwitterに突撃するアンチと化すこともあるかもしれませんw

 

クリックしてくれるようなタイトルを付けるのはもちろん大事、でも嘘はダメ。

 

煽り文句を入れることのリスク

タイトルに煽り文句を入れた記事って、結構見掛けますよね。

この記事にも入れてますがw

そういう煽り文句をタイトルに入れると、確かに読まれやすいです。

でも読まれやすい分、ハードルが上がっているのも事実。

 

まだキスしてないの?本当は教えたくないアンハサウェイと簡単にキスが出来る方法

とか書いてたら、誰だって読みますよね?

「怪しすぎる」、「絶対ウソ」と分かっていても、僕だったらディズニーランドの開園ダッシュくらいの早さでクリックします。

 

このように読みたくなると思わせるには効果絶大ですが、いざ記事を見て書いてあるのはテンプレのような事ばっかりだったら愕然としますよね。

「なんだ、タイトルだけか」と。

そのようなタイトルの付け方を続けてていつも中身が薄かったり違ったら、読んでくれなくなるのは当然。

どんどん信用を無くしていきます。

 

PVは確かに伸びるかもしれませんよ?

HUNTERXHUNTERのゴンさんの頭くらい伸びるかもしれない。

でもそれは一時的で、記事の評価とは言いがたいと思います。

 

そんな事で1000PVを取るよりは、10人ちゃんと読んでくれる人を作る方が長期的に考えると良いはず。

ファンを作りましょう。

ずっと読んでくれるファンを。

なんか、ええこと言ったな僕。

 

まとめ

  • 「タイトルと中身が違う記事を書いてると、信用を失う」
  • 「煽りタイトルでPVを稼げても、ファンは生まれない」
  • 「タイトルはおっぱいくらい大事」

 

タイトル1つで、結構考えることがありますね。

タイトルは大事にしましょう。

 

あとこれは余談ですが、タイトルは記事を書くより先に決めてしまうのをオススメする。

ブロガーがよく陥る「記事書いてたけど何を書きたいか分からなくなった現象」の起こる確率も低くなります。

「結局この記事の終着点はどこなんだ!?」って僕もよくなりましたが、タイトルを先に付けることで伝えたいことが明確になります。

 

こんな記事書いておきながら、昔の記事タイトルを見てるとひどいもんです。これとか。

www.lenonnon.com

"俺が選ぶ "とか書いてるけど、「俺って誰やねん」って感じですよね分かります。

直そう…。

 

「タイトルを付けるのが苦手!」という方は、こんなサービスもあるので使ってみるのも良いかもしれません。

バカ売れキャッチコピーを作成!プロ直伝のタイトルメーカー「メガトリ」

キーワードを入力すると、複数のタイトルを自動的に生成してくれるサービス。

ちょっと使ってみた感じでは、「そのままでは使えないけどヒントにはなる」という感じ。

良ければお試しあれ。

 

以上!

この記事が参考になったら、ぜひシェアやフォローお願いします!